アインシュタインは語る

アリス・カラプリス 編 ; 林一, 林大 訳

22か国語に翻訳出版されて話題を呼んだベストセラーの増補新版。新たに300の引用が加わり、総計1200以上を数える。付録には新発見の資料-アインシュタイン最期の日々についてのヘレン・ドゥカスの感動的な文章やファントヴァによるアインシュタインとの会話記録、FBIの「アインシュタイン・ファイル」などを追加。夫、父親、恋人、科学者、哲学者、老いた独身者としてのアインシュタインの人物像を多面的に明らかにする。深い思索にうらづけられた英知の輝き、上質のウィット。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アインシュタイン自身について
  • 家族について
  • 米国と米国人について
  • 老いについて
  • 死について
  • 教育と学問の自由について
  • 友人、科学者、その他について
  • ドイツとドイツ人について
  • 人間について
  • ユダヤ人、イスラエル、ユダヤ教、シオニズムについて
  • 人生について
  • 音楽について
  • 平和主義について
  • 平和、戦争、原爆、軍について
  • 政治、愛国心、政府について
  • 宗教、神、哲学について
  • 科学、科学者、数学、技術について
  • 雑多な主題について
  • アインシュタインが言ったとされる言葉
  • アインシュタインについて他の人が言った言葉
  • アインシュタインについてもっともよく聞かれる、科学以外の疑問にたいする答え
  • 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アインシュタインは語る
著作者等 Calaprice, Alice
Einstein, Albert
林 一
林 大
カラプリス アリス
書名ヨミ アインシュタイン ワ カタル
書名別名 The new quotable Einstein

Ainshutain wa kataru
出版元 大月書店
刊行年月 2006.8
版表示 増補新版.
ページ数 37, 436p
大きさ 20cm
ISBN 4272430688
NCID BA78170454
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21095897
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想