美術館の可能性

並木誠士, 中川理 著

先鋭的な建築物として、人を呼ぶまちづくりの仕掛けとして、注目される美術館のこれからを探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 美術館で起こっていること
  • 第1章 概念のあやうさと制度のゆらぎ(概念のあやうさ
  • 制度のゆらぎ)
  • 第2章 「モノ」をめぐる場のあやうさ(本物とレプリカ
  • 展示空間の可能性と問題点
  • 美術館建築の問題)
  • 第3章 美術館は建築表現の課題か(新たな建築表現のテーマとなる美術館
  • フィクションはどこまで有効か)
  • 第4章 まちづくりから求められる美術館(まちづくりの核へ
  • まちづくりに利用される美術館イメージ
  • 概念としての美術館の可能性へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美術館の可能性
著作者等 並木 誠士
中川 理
書名ヨミ ビジュツカン ノ カノウセイ
出版元 学芸出版社
刊行年月 2006.8
ページ数 253p
大きさ 21cm
ISBN 4761523913
NCID BA78145264
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21091758
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想