断片化する理性 : 認識論的プラグマティズム

スティーヴン・P.スティッチ 著 ; 薄井尚樹 訳

認識の目的は真理ではなかった!?認識論的多元主義を標榜し、分析哲学そのものの転換を決定づけた名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「まえがき」以上「序論」以下
  • 第2章 うまい推論と志向的内容-われわれはどれほど不合理でありうるのか
  • 第3章 進化と合理性
  • 第4章 反省的均衡と分析哲学的認識論
  • 第5章 われわれは本当に自分の信念が真かどうかを気にかけているのだろうか
  • 第6章 認識論的評価に関するプラグマティックな説明

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 断片化する理性 : 認識論的プラグマティズム
著作者等 Stich, Stephen P
Stich, Stephen P.
薄井 尚樹
スティッチ スティーヴン・P.
書名ヨミ ダンペンカスル リセイ : ニンシキロンテキ プラグマティズム
書名別名 The fragmentation of reason

Danpenkasuru risei
シリーズ名 双書現代哲学 4
出版元 勁草書房
刊行年月 2006.8
ページ数 333, 23p
大きさ 20cm
ISBN 4326199504
NCID BA78136886
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21091335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想