すがり(餘香) : 漆と香の道具

荒川浩和 著

漆の研究に携わって五十余年。その光と陰に香り立つ「すがり」を、出会いの折々に綴った初の小篇集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 器と模様(漆椀と合鹿椀
  • 辨當箱の変遷 ほか)
  • 第2章 技の系譜(印籠美術館コレクション『印篭』序
  • 根付の用と美 ほか)
  • 第3章 香の道具(天平の香気
  • 香りを装う ほか)
  • 第4章 漆こぼればなし-漆工品の鑑賞と蒐集(根来塗
  • 蒔絵 ほか)
  • 第5章 道草の記(鉛筆・箸そして"型"
  • みる見る観る ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すがり(餘香) : 漆と香の道具
著作者等 荒川 浩和
書名ヨミ スガリ ヨコウ : ウルシ ト コウ ノ ドウグ
書名別名 Sugari yoko
出版元 淡交社
刊行年月 2006.8
ページ数 252p
大きさ 21cm
ISBN 4473033325
NCID BA7813312X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21082137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想