明治天皇 : むら雲を吹く秋風にはれそめて

伊藤之雄 著

明治天皇(一八五二〜一九一二、在位一八六七〜一九一二)激動の幕末に一四歳で即位した時には、無力なシンボル的君主であったが、明治憲法ができる頃に政治権力を確立。憲法にふさわしい調停的な政治関与、絶妙のバランス感覚、頑固な性格、表と違う奥の生活など、これまで明らかにされてこなかった人物像を、新資料から描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ-一四歳の少年天皇
  • 第1章 ひとり立ちの不安と孤独
  • 第2章 「大元帥」イメージの創出
  • 第3章 極東の青年君主
  • 第4章 立憲国家と明君の形成
  • 第5章 初期議会の調停君主
  • 第6章 日清戦争と大元帥の誕生
  • 第7章 日露戦争の「栄光」と忍び寄る病
  • エピローグ-晩年の憂鬱と希望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治天皇 : むら雲を吹く秋風にはれそめて
著作者等 伊藤 之雄
書名ヨミ メイジ テンノウ : ムラクモ オ フク アキカゼ ニ ハレソメテ
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.9
ページ数 453, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4623047199
NCID BA78125289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21102376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想