ユートピアとウマレキヨマリ

宮田登 著

民衆の中に伝えられてきた日本的ユートピアとは。民話や芸能にみられる死後の世界観から、不滅の霊魂が生まれかわりを繰り返す「ウマレキヨマリの思想」を解明。さらに非農業民へのまなざしを展開し、差別の問題に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ユートピアの思想(ユートピア思想
  • ムラとユートピア
  • 山中他界の時空 ほか)
  • 2 ウマレキヨマリの思想(ウマレキヨマルとウマレカワル思想
  • 擬死再生の信仰-生まれかわりの構造
  • 白山と天道念仏-コモリとメグリ ほか)
  • 3 血のフォークロア(血の民俗学-血筋・家筋・差別
  • 白山信仰と被差別
  • ヒジリの末裔-日知りと聖 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユートピアとウマレキヨマリ
著作者等 宮田 登
書名ヨミ ユートピア ト ウマレ キヨマリ
シリーズ名 宮田登日本を語る / 宮田登 著 8
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.9
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 4642071407
NCID BA78124912
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21102770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
解説 岩本通弥
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想