日本と中国「歴史の接点」を考える : 教科書にさぐる歴史認識

夏坂真澄, 稲葉雅人 著

歴史観とはなにか、歴史認識とはなにか。このことが今ほど厳しく問われている時代は、かつてなかった。本書は、日本と中国の「歴史の接点」を両国の歴史教科書によって徹底的に分析し、国際的試練に耐えうる、冷静な歴史観を構築する道を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日独の「教科書問題」
  • 第1章 古代の日中関係
  • 第2章 中世の日中関係
  • 第3章 明治維新から日清・日露戦争
  • 第4章 日中戦争から現代
  • 第5章 日中の「歴史認識」問題解決のために
  • 終章 日本における歴史の接点-会津から見た維新

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本と中国「歴史の接点」を考える : 教科書にさぐる歴史認識
著作者等 夏坂 真澄
稲葉 雅人
書名ヨミ ニホン ト チュウゴク レキシ ノ セッテン オ カンガエル : キョウカショ ニ サグル レキシ ニンシキ
シリーズ名 角川学芸ブックス
出版元 角川学芸 : 角川書店
刊行年月 2006.7
ページ数 309p
大きさ 19cm
ISBN 404651986X
NCID BA78103107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21086434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想