過労自殺と企業の責任

川人博 著

激増する働き盛りの自殺…あなたも"過労自殺"予備軍!?数多くの過労自殺の弁護経験から、具体的な事例にもとづいて、働きやすい職場と企業の責任、自殺予防と労災補償のあり方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 相次ぐ悲しい死(あるOLの死-「規制緩和の旗手」の職場で
  • 派遣労働者の死-身分不安定、かつ過重で危険な労働
  • 若い営業マンの死 ほか)
  • 第2章 「自殺大国」日本から脱却するために(いのちが失われた一五年
  • 格差社会と労働の非人間性
  • 電通事件最高裁判決とその後
  • 業務が原因の精神疾患・自殺を労災と認め、職場の改革を
  • メンタルヘルスの充実を
  • 遺族に対するケアについて)
  • 第3章 過労自殺訴訟の現状と課題-働く者のいのちと健康を守るために(判断指針の問題点と労災認定のあり方
  • 企業の損害賠償責任)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 過労自殺と企業の責任
著作者等 川人 博
書名ヨミ カロウ ジサツ ト キギョウ ノ セキニン
出版元 旬報社
刊行年月 2006.8
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4845109905
NCID BA78102272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21082543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想