ガリヴァー旅行記

木下卓, 清水明 編著

多様な視点から迫り、一八世紀に書かれた『ガリヴァー旅行記』が三世紀近くの時を超えて、現代の読者にも魅力的な物語であり続ける理由を明らかにしようとしたのが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 作品概説・作家概説(『ガリヴァー旅行記』の諷刺の世界
  • スウィフトの顔、ガリヴァーの声-アングロ・アイリッシュとスウィフト)
  • 2 植民地主義・帝国主義表象(『ガリヴァー旅行記』、帝国、英蘭関係
  • ヤフーの咆哮、フウイヌムのいななき-『ガリヴァー旅行記』に見る植民地問題)
  • 3 一八世紀の知の世界(スウィフトの科学諷刺を読む
  • 驚異の装置
  • 「科学嫌い」の諷刺文学-『ガリヴァー旅行記』第三篇のコンテクスト
  • 見世物の世紀-見世物世界と『ガリヴァー旅行記』)
  • 4 新たな読みの地平(バブル・フィクション-『ガリヴァー旅行記』と「信用」
  • スウィフトの庭
  • エッセイ-現代から見れば
  • フウイヌムと差異のない世界-『ガリヴァー旅行記』第四篇におけるエクリチュールの問題と近代批判)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリヴァー旅行記
著作者等 木下 卓
清水 明
書名ヨミ ガリヴァー リョコウキ
書名別名 Gariva ryokoki
シリーズ名 ガリバー旅行記 5
シリーズもっと知りたい名作の世界 5
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2006.8
ページ数 200, 20p
大きさ 26cm
ISBN 4623046214
NCID BA78101134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21249525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想