肉体の悪魔 失われた男

田村泰次郎 著田村泰次郎 著

一九四〇年から敗戦までの、一兵卒としての中国従軍体験は、皇軍、聖戦という理念の虚妄を教え、兵士たちの犯す様々な罪業、あらゆる惨苦を嘗める現地の人々の姿を透徹した眼差しでとらえることを強いた。人間の持つ深い闇に錘鉛を下ろす戦争文学の数々は厭戦的であり、また戦後の一時代を画した肉体文学は、敗戦後の混乱する社会をも戦場の延長とみなすことで誕生する。田村泰次郎の戦争をめぐる名作を精選。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肉体の悪魔 失われた男
著作者等 田村 泰次郎
書名ヨミ ニクタイ ノ アクマ. ウシナワレタ オトコ
書名別名 Nikutai no akuma. Ushinawareta otoko
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.8
ページ数 319p
大きさ 16cm
ISBN 4061984519
NCID BA78086460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21084482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想