合理的な人殺し

ゲアリー・E.マルシェ 著 ; 太田勝造 監訳

本書は刑事法分野、とりわけ殺人について法と経済学の手法を用い分析した研究書。犯罪とりわけ殺人による利益と逮捕・処罰されるリスクの間の選択行動を法と経済学の手法を用いて合理的に説明。それらを踏まえた捜査・逮捕・処罰こそが有効な刑事政策をもたらすとする。FBIの犯罪プロファイルの孕む問題点の指摘を含め、刑事法分野の法と経済学の研究書は日米両国でも比較的乏しく、裨益するところ大きい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 経済学と犯罪行動の基礎(消費者選択の理論
  • 生産者選択の理論
  • 選択の理論と犯罪行動)
  • 第2部 合理的計算による殺人(理論上の分析枠組み
  • 逮捕確率に対する感受性
  • 計画的殺人の特徴
  • 殺人事件の捜査
  • 刑事司法制度による生産
  • 技術的効率性を求めて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 合理的な人殺し
著作者等 Marché, Gary E
太田 勝造
森 大輔
March'e Gary E.
劉 芳伶
安藤 馨
村上 裕一
濵井 宏之
米村 幸太郎
西本 健太郎
高橋 脩一
マルシェ ゲアリー・E.
書名ヨミ ゴウリテキナ ヒトゴロシ : ハンザイ ノ ホウ ト ケイザイガク
書名別名 Murder as a business decision. (2nd ed.)

犯罪の法と経済学
シリーズ名 「法と経済学」叢書 7
出版元 木鐸社
刊行年月 2006.8
ページ数 234p
大きさ 21cm
ISBN 4833223791
NCID BA7808432X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21123971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想