北森嘉蔵

北森嘉蔵 著

日本の神学が世界のキリスト教界において市民権を得るために決定的な貢献をした『神の痛みの神学』。その著者である北森は、非キリスト教的精神文化の日本において、神の痛みとしての十字架の神学を中心に、キリスト教徒と非キリスト教徒とを問わない納得できる仕方で福音を告げた。17篇の説教を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史に働きたもう神-神殿の意義
  • 歴史の働きたもう神-のろいの木
  • 永遠の十字架
  • 歴史の中における復活
  • 体の根本的変革
  • 受難週とイースター
  • 聖霊の約束
  • ピリピ書講解
  • 楽園への信仰
  • キリストの死に合わせられて〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北森嘉蔵
著作者等 Park, Heon-Wook
北森 嘉蔵
朴 憲郁
書名ヨミ キタモリ カゾウ
シリーズ名 日本の説教 2・12
出版元 日本キリスト教団出版局
刊行年月 2006.8
ページ数 244p
大きさ 19cm
ISBN 4818406023
NCID BA7806499X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21111137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想