世界経済の潮流とインベストメント : 持続可能な発展と貧困削減に向けて : OECD国際投資展望

経済協力開発機構 編著 ; 門田清 訳

本書『OECD国際投資展望』では、"モンテレー・コンセンサス-2003年11月のヨハネスブルクにおける宣言、開発に向けた投資イニシアティブ"を受け、OECDがフォローアップしてきたものの中で、重要な部分に絞って取り上げている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 海外直接投資の趨勢と近年の進展(OECD加盟国における海外直接投資
  • 非加盟国経済の拡大する役割 ほか)
  • 第2章 重要論点-投資に関する政策枠組み(投資関連貿易政策
  • 投資に向けた競争政策 ほか)
  • 第3章 公益事業における公民パートナーシップの促進-開発援助の役割(公益事業で最も一般的なPPP形態
  • 発展途上国におけるPPPの近年の傾向 ほか)
  • 第4章 投資活性化と開発援助の役割-近年のベトナムでの経験(対ベトナムODAのこれまでの経緯
  • ベトナムのODA・投資環境 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界経済の潮流とインベストメント : 持続可能な発展と貧困削減に向けて : OECD国際投資展望
著作者等 Organisation for Economic Co-operation and Development
経済協力開発機構
門田 清
書名ヨミ セカイ ケイザイ ノ チョウリュウ ト インベストメント : ジゾク カノウナ ハッテン ト ヒンコン サクゲン ニ ムケテ : OECD コクサイ トウシ テンボウ
書名別名 International investment perspectives. (2005 ed.)
出版元 明石書店
刊行年月 2006.7
ページ数 278p
大きさ 22cm
ISBN 4750323780
NCID BA78062451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21100066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想