IPMN/MCN国際診療ガイドライン : 日本語版・解説

国際膵臓学会ワーキンググループ 著 ; 田中雅夫 訳・解説

粘液産生膵腫瘍の概念が次第に整理されてきて、粘液性嚢胞腫瘍と膵管内乳頭粘液性腫瘍の診断、鑑別診断、治療法と予後などが膵臓学のトピックスとなってからもうかなりの時間が経過した。両者の特徴が明らかになる一方、まだまだ明確にしていかなければならない問題があることも次第に認識されるようになっている。本書は、そのような、現時点での問題点を踏まえたうえで、2004年から2005年にかけて作成されたレポートを、作成ワーキンググループの座長を務めた著者が、読みやすく翻訳するとともに、その作成経緯の説明、ガイドラインで使用できなかった画像などを随所に挿入しながら、本邦の研究者、臨床家にわかりやすく解説することを目的とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 定義と分類に関する設問
  • 2 術前診断に関する設問
  • 3 切除術の適応に関する設問
  • 4 切除術式に関する設問
  • 5 組織学的設問
  • 追跡経過観察法に関する設問

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 IPMN/MCN国際診療ガイドライン : 日本語版・解説
著作者等 国際膵臓学会
田中 雅夫
国際膵臓学会ワーキンググループ
書名ヨミ IPMN MCN コクサイ シンリョウ ガイドライン : ニホンゴバン カイセツ
書名別名 International consensus guidelines for management of intraductal papillary mucinous neoplasms and mucinous cystic neoplasms of the pancreas
出版元 医学書院
刊行年月 2006.7
ページ数 72p
大きさ 26cm
ISBN 4260002325
NCID BA78062305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21086340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想