家族のための<認知症>入門

中島健二 著

物忘れが激しくなり、「財布や貯金通帳が盗まれた」と騒ぎだす。外出すると自分の家が分からなくなる。さらに夜間の徘徊、トイレに行っても後始末ができない…。アルツハイマー病をはじめとする認知症の患者とどう向き合うか。本書では、診察室を訪れた家族と患者の事例から、認知症の診断、治療、介護の実践法を教える。「理屈で説得しない」「指示はゆっくりと」「照明は明るく」「食事や入浴の留意点」など、患者の自尊心に配慮した暮らし方のヒントを紹介。悩める家族と介護従事者たちを救済する書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 愛する家族が認知症になったら-診察室を訪れた人びとの物語(昔と今が混在、虚構に生きる義母
  • 夫は替え玉では、という妄想 ほか)
  • 第2章 認知症とはどんな病気か-さまざまな症状のあらわれ方(認知症(痴呆症)は、いくつもの病気をあらわす症状名
  • 認知症によく見られる症状とその対処法 ほか)
  • 第3章 介護の現場から-その実態と問題点(介護のための具体的実践法
  • 医療と介護に関わる人びと)
  • 第4章 介護者(家族)を守る-上手な介護サービスの利用とネットワーク作り(家族が負担を抱え込まない知恵
  • 医療費の問題、法的な問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族のための<認知症>入門
著作者等 中島 健二
書名ヨミ カゾク ノ タメノ ニンチショウ ニュウモン
書名別名 Kazoku no tameno ninchisho nyumon
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2006.9
ページ数 278p
大きさ 18cm
ISBN 4569654630
NCID BA78039835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21089367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想