かぶき入門

郡司正勝 著

歌舞伎の美と力、その魅力を解明した碩学による名著。現代演劇との比較を通して歌舞伎の本質をとらえ、古代・中世の芸能など前史にもふれながら阿国歌舞伎から江戸の全盛期を経て近代に至るまでの歴史を叙述。劇場の構造、観客と批評、役柄、作劇術、セリフ、音楽と舞踊、衣裳・かつら・化粧、舞台・道具・照明などについて解説し、歌舞伎の社会性を論ずる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 かぶきの生き方
  • 第2章 かぶきの本質
  • 第3章 かぶきの歴史
  • 第4章 かぶき劇場
  • 第5章 かぶきの見物
  • 第6章 かぶき役者
  • 第7章 かぶきのドラマツルギー
  • 第8章 俳優術と演出
  • 第9章 かぶきと社会性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 かぶき入門
著作者等 郡司 正勝
書名ヨミ カブキ ニュウモン
書名別名 Kabuki nyumon
シリーズ名 岩波現代文庫 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.8
ページ数 250, 10p
大きさ 15cm
ISBN 4006001630
NCID BA78030003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21102326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想