三論或問

村井実 著

この書物の表題に言う「三論或問」、つまり、「人間はすべて善く生きようとする」という「人間観」の意味を、「或る人々」の問いに答えるという仕方で、「人間」「国家」「教育」の三つの問題との関わりで闡明しようとする、この試みとなったのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「三論」の意図-「人間」「国家」「教育」
  • 前編 「人間」の喪失(「人間」と「国家」
  • 人間観としての「善さ」
  • 近・現代国家の出現
  • 「善さ」と「快さ」
  • 「教育」の働き)
  • 後編 「人間」の回復(「善さ」からの出直し
  • 思想と政治
  • 理念としての「民主主義」
  • 「民主主義世界」へ)
  • 付 「善さ」或問

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三論或問
著作者等 村井 実
書名ヨミ サンロン ワクモン
出版元 東洋館出版社
刊行年月 2006.5
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 449102166X
NCID BA78026753
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21030306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想