「街的」ということ : お好み焼き屋は街の学校だ

江弘毅 著

[目次]

  • 「街的」の意味
  • 都会と街は違う(都会と街
  • 情報の中にある都会
  • 「いなかもの」と呼ばれると人は悲しい
  • 街場のコミュニケーション
  • 街は企画・編集されない)
  • 街には店がある(ソウル&リージョナル・フードとしてのお好み焼き
  • 街場の「うまい」
  • 神戸に行列のできるラーメンがない理由
  • 店のカテゴリー化、あるいはジャンル化
  • カフェ伝説序説
  • 街のでき方 大阪・ミナミの場合
  • 会員制と会員制的
  • 店は極めない、を京都で知る)
  • メディアと街情報(データは実は伝わらない
  • 情報誌と街の関係
  • 街を見ること、街を書くこと)
  • 街で大人として生きる(鮨屋の母国語
  • お好み焼き屋は街の学校だ
  • ワインのコミュニケーション不全
  • 酒場馬鹿
  • 常連は難しい
  • 街の先輩)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「街的」ということ : お好み焼き屋は街の学校だ
著作者等 江 弘毅
書名ヨミ ガイテキ ト イウ コト : オコノミヤキヤ ワ マチ ノ ガッコウ ダ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2006.8
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4061498568
NCID BA78012806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21093757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想