在日の耐えられない軽さ

鄭大均 著

父は一九二〇年代に来日した、日本語小説を書いた最初の朝鮮人で、のちに皇道思想家。戦後は心の病に冒され、六〇年にひとり帰国した-。父や母の歴史と子供たちの人生との間にはどのようにつながりがあるのか。本書は、ひとつの「在日」家族の誕生から終焉まで、そして、そのひとりひとりの生き方を、戦前から現在にいたる日本と韓国の関係と重ね合わせて描くことによって、新たな認識と洞察を読者にもたらす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 故郷の木
  • 第2章 卵売りの母
  • 第3章 曲がった小枝
  • 第4章 始まりの旅
  • 第5章 曲げられた小枝
  • 第6章 日本人になる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在日の耐えられない軽さ
著作者等 鄭 大均
書名ヨミ ザイニチ ノ タエラレナイ カルサ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2006.8
ページ数 194p
大きさ 18cm
ISBN 4121018613
NCID BA7800997X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21113439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想