ベルギー・フランダース : 中世ヨーロッパ史の縮図

谷克二, 武田和秀 著

世界を魅了するブルージュ、ゲント、アントワープ…。ベルギー北部には今も"中世"が息づいている。中世フランドル史を知ればベルギーの旅はもっと楽しい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブルージュ(中世ヨーロッパの経済センター
  • ブルージュの原点ブルグ広場 ほか)
  • 第2章 ゲント(「世界制覇」したカール五世の生誕地
  • 水辺の旅で体験する「もう一つのゲント」 ほか)
  • 第3章 アントワープ(十六世紀の欧州の金融を支配した町
  • 庶民の生活を歩きながら垣間見る ほか)
  • 第4章 小さな町紀行(ダム-ブルージュの外港として繁栄
  • メッヘレン-カール五世の育ての親、マルガレータの町 ほか)
  • 第5章 旅の便利帳(ホテル・レストラン情報
  • 旅のデータ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベルギー・フランダース : 中世ヨーロッパ史の縮図
著作者等 武田 和秀
谷 克二
書名ヨミ ベルギー フランダース : チュウセイ ヨーロッパシ ノ シュクズ
シリーズ名 旅名人ブックス 26
出版元 日経BP : 日経BP出版センター
刊行年月 2006.5
版表示 第4版.
ページ数 242p
大きさ 21cm
ISBN 4861301734
NCID BA78003157
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21061984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想