冬虫夏草の謎

盛口満 著

虫に取りつき、虫を殺し、虫から生える怪しいキノコ-。古来、中国では漢方薬として用いられ、万病に効くとされる不思議なキノコ-。暗い林の日陰を好み、ひっそり生きる謎のキノコ-。さて、冬虫夏草とは何者か?謎につつまれた不思議なキノコの正体を徹底究明。鹿児島県屋久島の調査を中心に、日本の冬虫夏草約50種を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 冬虫夏草を食べてみた
  • 2 表の顔と裏の顔
  • 3 普通のものと珍しいもの
  • 4 高い所と低い所
  • 5 武者修行に行って来た
  • 6 森の命の流れが見える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冬虫夏草の謎
著作者等 盛口 満
書名ヨミ トウチュウカソウ ノ ナゾ
書名別名 Tochukaso no nazo
出版元 どうぶつ社
刊行年月 2006.6
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4886223338
NCID BA78003099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21054830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想