崩壊について

佐藤彰 著

建築や構造物は人間が造りあげた以上、それは生命体と同様ついには死にいたる。ピラミッド、ローマの水道橋、ピサの斜塔やヨーロッパの教会堂、出雲大社や羅城門から文学作品まで、古今東西の事例の「死にいたる諸相」を検視した建築崩壊の歴史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒としての二枚の絵
  • 壊れやすい構造、壊れにくい構造
  • 大聖堂の石造天井
  • イタリアの鐘塔
  • イギリス、フランスにおける中央塔の聳立
  • 王朝時代の日本建築
  • 手抜かり・手抜き
  • 天譴と僥倖
  • 曲芸(アクロバット)的デザインへの挑戦
  • 雷撃、雷火と避雷
  • 死を忘るな、または虚栄の戒め
  • 不安、禁忌、予兆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 崩壊について
著作者等 佐藤 彰
書名ヨミ ホウカイ ニ ツイテ
書名別名 Hokai ni tsuite
出版元 中央公論美術
刊行年月 2006.8
ページ数 241p
大きさ 22cm
ISBN 4805505273
NCID BA78001118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21087814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想