児童虐待 : 現場からの提言

川崎二三彦 著

なぜ、わが子を自ら危険に陥れてしまうのか。深刻化する背景は、単に親を責めるだけでは捉えきれない。そこには、日本の貧困な福祉行政、親を取り巻く社会の急速な変容など、根本的な問題が潜んでいる。児童相談所に勤務し数々の相談に対応してきた著者が、その実態や解決の手がかりを、自らの体験をもとに語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 児童虐待への取り組みがはじまる
  • 第1章 児童虐待とは何か
  • 第2章 虐待はなぜ起きるのか
  • 第3章 虐待への対応をめぐって
  • 第4章 虐待する親と向き合う
  • 第5章 児童相談所はいま
  • 第6章 児童虐待を防止するために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 児童虐待 : 現場からの提言
著作者等 川崎 二三彦
書名ヨミ ジドウ ギャクタイ : ゲンバ カラノ テイゲン
書名別名 Jido gyakutai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.8
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 400431030X
NCID BA77994318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21104716
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想