太閤の手紙

桑田忠親 著

数多の「太閤記」が振りまいた誇大と虚妄に満ちた英雄伝説の数々。しかるに、本当の秀吉はいかなる男だったのか?喜・怒・哀・楽が発露する手紙。読めば読むほど面白い信書を、丹念に読み味わおう。「つゆとおちつゆときえにしわがみかな難波の事もゆめの又ゆめ」と辞世を詠んだ英雄の生きざまと本心が、まざまざとよみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 木下時代
  • 長浜の城主
  • 播州陣中より
  • 本能寺の変前後
  • 賎嶽の決戦
  • 小牧陣中にて
  • 四国平定と越中陣
  • 聚楽第普請の頃
  • 九州陣中より
  • 肥後動乱の前後
  • 小田原だより
  • 奥州帰陣ののち
  • 肥前の名護屋より
  • お拾の誕生
  • 伏見だより
  • 誘いの手紙
  • お拾さまへ
  • 秀頼さまへ
  • 末期の文

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太閤の手紙
著作者等 桑田 忠親
書名ヨミ タイコウ ノ テガミ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.8
ページ数 298p
大きさ 15cm
ISBN 4061597752
NCID BA77989872
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21087465
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想