津田左右吉歴史論集

津田左右吉 著 ; 今井修 編

中国古代の宗教政治思想研究、日本古代史の批判的研究、生活と思想の歴史的関係をダイナミックに記述した大著『文学に現はれたる我が国民思想の研究』などで大きな足跡を遺した津田左右吉(1873-1961)。その代表的な歴史論-歴史観、研究方法論とその観点からの同時代思潮批判を編年順に収録して、その思想を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 学究生活五十年
  • 史論の流行
  • 仏教史家に一言す
  • 芸術と社会
  • 偶言
  • 芸術と国民性
  • 神代史の研究法
  • 流れ行く歴史の動力
  • 陳言套語
  • 歴史の矛盾性
  • 日本上代史の研究に関する二、三の傾向について
  • 東洋文化、東洋思想、東洋史
  • 日本精神について
  • 『支那思想と日本』初版まえがき
  • 日本に於ける支那学の使命
  • 日本歴史の特性
  • 日本歴史の研究に於ける科学的態度
  • 建国の事情と万世一系の思想
  • 歴史の学に於ける「人」の回復

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 津田左右吉歴史論集
著作者等 今井 修
津田 左右吉
津田 黄昏
小竹 主
書名ヨミ ツダ ソウキチ レキシ ロンシュウ
書名別名 Tsuda sokichi rekishi ronshu
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.8
ページ数 405p
大きさ 15cm
ISBN 4003314093
NCID BA77976677
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21102330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想