広重の暗号 : 東海道五十三次の謎

坂之王道 著

なぜ、広重は、温暖な駿河湾に大雪が降る絵を描いたのか!その場所に存在しない山や奇妙な地形は、何を意味するのか。「2013年の日本」と「55枚目の京都」の符合は、何を暗示するのか。あまりに有名な浮世絵版画に隠された謎が、今明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 絵師・安藤広重のもうひとつの顔
  • 第1章 誰も知らない「東海道五十三次」の謎
  • 第2章 "日本の異常気象"が"絵"に暗示されていた!
  • 第3章 なぜ「実際と異なる風景」が描かれたのか
  • 第4章 一七九七年から二〇一三年に至る歴史の暗号
  • 第5章 あっと驚く"隠し絵"の中の秘密
  • 第6章 今明かされる「最後の三枚」の未来図
  • エピローグ 広重が遺したメッセージを読み解く

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 広重の暗号 : 東海道五十三次の謎
著作者等 坂之 王道
書名ヨミ ヒロシゲ ノ アンゴウ : トウカイドウ ゴジュウサンツギ ノ ナゾ
書名別名 The Hiroshige code

Hiroshige no ango
出版元 青春出版社
刊行年月 2006.7
ページ数 264p
大きさ 20cm
ISBN 4413035984
NCID BA77970025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21062476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想