原野と森の思考 : フィールド人類学への誘い

伊谷純一郎 著

若くして日本のサル学の基礎を作り上げ、その後人類社会形成の復原を求めてアフリカに転じ、ゴリラ、チンパンジー、ついで自然に強く依存して生きる人々をフィールドに追った、類まれなナチュラリスト伊谷純一郎。本書はその自由な精神が創り出した独創的な学問の全貌をあますところなくしめすエッセイ集成である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 陸蒸気-序にかえて
  • 第1章 彷徨と発見(群れへの接近
  • チンパンジーの社会構造 ほか)
  • 第2章 研究と感性(サバンナと芭蕉
  • 魚つかみ遍歴 ほか)
  • 第3章 自然と思索(人類学とアフリカの旅
  • 雑食と偏食-動物とヒトの食性をめぐって ほか)
  • 終章(「人間性の進化」のあとさき
  • アフリカ地域研究・霊長類学・人類学における学際)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原野と森の思考 : フィールド人類学への誘い
著作者等 伊谷 純一郎
書名ヨミ ゲンヤ ト モリ ノ シコウ : フィールド ジンルイガク エノ イザナイ
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.7
ページ数 430p
大きさ 20cm
ISBN 4000227599
NCID BA77944932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21093383
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想