ルネサンスの春

パノフスキー 著 ; 中森義宗, 清水忠 訳

ルネサンスは先行する中世の"復興"とどう異なるのか。人文学的イコノロジーの角度から問題を整理し、近代の最初の光明の由来を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ルネサンス-自己限定か、自己欺瞞か
  • 第2章 ルネサンスとリナスンシズ
  • 第3章 最初の光明-イタリア十四世紀絵画とヨーロッパ諸国に対するその影響
  • 第4章 古代の復活-十五世紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルネサンスの春
著作者等 Panofsky, Erwin
中森 義宗
清水 忠
パノフスキー アーウィン
書名ヨミ ルネサンス ノ ハル
書名別名 Renaissance and renascences in Western art

Runesansu no haru
出版元 新思索社
刊行年月 2006.7
版表示 新装版.
ページ数 305, 38p
大きさ 22cm
ISBN 4783511926
NCID BA77940567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21164051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想