アジア主義を問いなおす

井上寿一 著

いま、東アジア共同体をめぐる議論が盛んになされている。その一方で、日本は中国、韓国と相互不信を深めつつある。こうした状況は、一九三〇年代の雰囲気と酷似している。当時の日本も、中国との緊張を高めながら満州国を建設し、「東亜協同体」構想を掲げていた。しかも意外なことに、アメリカとの関係が最重要視されていた。では、なぜその努力は実を結ばず、日米戦争が起きてしまったのか?本書は、満州事変から日中戦争への流れを、近代日本の岐路で常に現われた対米協調とアジア主義の相克という視点から振り返り、日本がアジアの地域主義を考えるときの普遍的な課題を浮かび上がらせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今なぜアジア主義を問いなおすのか
  • 第2章 「アジア主義」外交はどのように形成されたのか
  • 第3章 「東亜モンロー主義」外交とは何だったのか
  • 第4章 侵略しながら連帯する
  • 第5章 なぜ「東亜新秩序」は実現しなかったのか
  • 第6章 歴史の教訓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジア主義を問いなおす
著作者等 井上 寿一
書名ヨミ アジア シュギ オ トイナオス
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.8
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 4480063188
NCID BA77904712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21100676
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想