思想としての全共闘世代

小阪修平 著

団塊(全共闘)世代と言われる人たちがまもなく定年を迎える。社会変革を夢見て活動し、その後、高度成長期を走り抜け、戦後の一時代を切り拓いた全共闘世代とは、何者だったのか。そして全共闘運動とはいったい何だったのか?個人的経験から語りはじめ、この世代の意味を思想としてとらえなおす、同世代から団塊ジュニアまで必読の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一九六六年の東京
  • 第2章 戦後民主主義と空想
  • 第3章 六〇年安保と三派全学連
  • 第4章 全共闘運動-一九六八年
  • 第5章 全共闘運動の転回-一九六九年から七〇年代へ
  • 第6章 七〇年代-市民社会の風景
  • 第7章 八〇年代
  • 第8章 九〇年代から現在へ
  • 第9章 二十一世紀あるいは、ささやかな小括

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想としての全共闘世代
著作者等 小阪 修平
書名ヨミ シソウ ト シテノ ゼンキョウトウ セダイ
書名別名 Shiso to shiteno zenkyoto sedai
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.8
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 4480063153
NCID BA77904483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21100675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想