乞胸 : 江戸の辻芸人

塩見鮮一郎 著

被差別民となった江戸の武士たち。「ごうむね」とは、江戸初期、戦乱がおさまって天下が平定されるとともに、余剰人員となって失職した武士たちが、同じ境遇の長嶋礒右衛門のもとに集められ、乞食に身を落として大道芸をなりわいとした身分の者をさす。浅草弾左衛門、車善七の支配を受けた彼らの生態を、豊富な図版とともにまざまざと活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芸人のいる街道
  • 東くだりの浪人
  • かぶく者と日本橋北
  • 縄張りと和解
  • 家業の十二種
  • 宮芝居禁止
  • 下谷山崎町へ
  • 香具師の見世物
  • 見世物と盛り場
  • 天保の改革
  • 維新の暗部
  • 文明と見世物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乞胸 : 江戸の辻芸人
著作者等 塩見 鮮一郎
書名ヨミ ゴウムネ : エド ノ ツジゲイニン
出版元 河出書房新社
刊行年月 2006.7
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 4309224547
NCID BA77855071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21081628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想