ベイジアンネットワーク概説

繁桝算男, 植野真臣, 本村陽一 共著

ベイジアンネットワークとは、複数の事象の確率的な因果関係をモデル化する手法であり、因果関係を有向グラフで、その強さを条件付き確率で表すのが特徴である。本書は、ベイジアンネットワークに関する数理的な基礎と各種モデルの応用について簡潔にまとめた初の概説書である。はじめにグラフ理論、確率、因果推論を説明した後、モデル化の数理、確率推論アルゴリズムについて丁寧に解説し、最終章で実際の問題への応用を紹介する。分野を限定することなく、広くベイジアンネットワークの初学者にお勧めする好著である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ベイジアンネットワークモデルの概要(ベイジアンネットワークモデルとは?
  • ベイジアンネットワークモデルの基本 ほか)
  • 2章 ベイズ的アプローチによる因果推論(因果とは
  • 因果関係を確認する ほか)
  • 3章 ベイジアンネットワークモデルの数学的基礎(ベイジアンネットワークモデルの概要
  • ベイジアンネットワークモデルの定式化 ほか)
  • 4章 ベイジアンネットワークの確率推論(ベイジアンネットワークによる確率推論
  • 確率推論のアルゴリズム ほか)
  • 5章 ベイジアンネットワークの応用(ベイジアンネットワークのソフトウェア
  • グラフィカルモデリングとしての応用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベイジアンネットワーク概説
著作者等 本村 陽一
植野 真臣
繁桝 算男
書名ヨミ ベイジアン ネットワーク ガイセツ
出版元 培風館
刊行年月 2006.7
ページ数 116p
大きさ 22cm
ISBN 4563015687
NCID BA77792335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21085016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想