病いと癒しの民俗学

礫川全次 編

疾病・狂気・死・医療についての民俗学的な論考や、日本疾病史における貴重な文献を集めた資料集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解説篇 風土病の悲劇と徴兵制の重圧(桂田富士郎と「姫」というネコ
  • 三神三郎と日本住血吸虫発見の碑
  • ミヤイリガイかカタヤマガイか
  • 「糞便を水の中に入れるな」 ほか)
  • 資料篇(虎列刺豫防諭解(一八八〇年)
  • 徳川家康の身體に就いて(一九〇七年)
  • 疾病(一九一三年)
  • 朝鮮に於ける特種の犯罪(一九一五年) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病いと癒しの民俗学
著作者等 礫川 全次
書名ヨミ ヤマイ ト イヤシ ノ ミンゾクガク
シリーズ名 歴史民俗学資料叢書 第3期 第2巻
出版元 批評社
刊行年月 2006.7
ページ数 239p
大きさ 22cm
ISBN 4826504470
NCID BA77755113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21082576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想