抗精神病薬の「身体副作用」がわかる : the third desease

長嶺敬彦 著

抗精神病薬の副作用として起こりうる20の病態を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ウサギの治療からカメの治療へ
  • 2 臨床に潜む「身体副作用」20(循環器系
  • 呼吸器系
  • 消化器系
  • 内分泌・代謝系
  • 神経・運動器系
  • 免疫・アレルギー系)
  • 3 副作用を考えるときに知っておきたいこと(主観的副作用にも配慮しよう
  • 「みずから飲む」薬になるために
  • ドーパミン仮説とサリエンス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 抗精神病薬の「身体副作用」がわかる : the third desease
著作者等 長嶺 敬彦
書名ヨミ コウセイシンビョウヤク ノ シンタイ フクサヨウ ガ ワカル
出版元 医学書院
刊行年月 2006.7
ページ数 179p
大きさ 26cm
付随資料 13p.
ISBN 4260002791
NCID BA77734805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21070626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想