日本の経済思想  2

鈴木信雄 責任編集

経済理論、経済史、経済政策、そして社会思想・社会哲学という領域で、時代と格闘しつつ、独創的な業績をあげ、国際的にも高く評価されている思想家から何を学ぶか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 山田盛太郎-「経済理論」と「歴史理論」:山田「再生産論」の思想史的意義
  • 第2章 宇野弘蔵-労働力商品化と三段階論
  • 第3章 東畑精一-「日本農業の展開過程」と協同組合主義の可能性
  • 第4章 柴田敬-国際的に評価された最初の経済学者
  • 第5章 大塚久雄-リベラル・プロテスタンティズムとヴェーバー
  • 第6章 内田義彦-「人間的平等の感覚」に裏打ちされた市民社会論
  • 第7章 森嶋通夫-正統から異端へ
  • 第8章 宇沢弘文-社会正義を目指して闘う数理経済学者
  • 第9章 廣松渉-四肢的存在構造論と経済学
  • 第10章 左右田喜一郎-真・善・美にならぶ貨幣

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の経済思想
著作者等 大森 郁夫
鈴木 信雄
書名ヨミ ニホン ノ ケイザイ シソウ
シリーズ名 経済思想 / 鈴木信雄, 塩沢由典, 八木紀一郎, 大田一廣, 大森郁夫, 坂本達哉, 吉田雅明, 橋本努 編 第10巻
巻冊次 2
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2006.8
ページ数 440p
大きさ 22cm
ISBN 481881878X
NCID BA77717205
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21104996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
内田義彦 鈴木 信雄
大塚久雄 古川順一
宇沢弘文 高増明
宇野弘蔵 大田一廣
山田盛太郎 住谷一彦
左右田喜一郎 橋本努
廣松渉 石塚良次
東畑精一 市岡義章
柴田敬 根岸隆
森嶋通夫 廣瀬弘毅
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想