古事記の新研究

上田正昭 編

古事記に描かれた古代日本の真の姿とは?古事記の内容を細かく検討しながら古事記に伝わる古代日本の姿を再検証し伝承につつまれた古代の真実を解明する諸論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国土観念の展開過程-八千矛の神の歌をめぐって
  • 阿治志貴高日子根神の名を顕わす歌
  • 仁徳天皇と吉備の黒日売の歌-「吉備人と 共にし摘めば」考
  • 天石屋戸祭祀の伝承
  • 「建御雷神考」『古事記』崩年干支と年代論
  • 『古事記』に於ける変化表記
  • 『古事記』(神代記)におけるナラティヴ構築の問題によせて
  • 『古事記』赤猪子説話の歌謡
  • スサノヲの性格と誓約
  • 慟哭のスサノヲ「出雲」建国
  • 石上神宮の「正殿」
  • 畿内移住後の隼人をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古事記の新研究
著作者等 上田 正昭
書名ヨミ コジキ ノ シンケンキュウ
シリーズ名 古事記
出版元 学生社
刊行年月 2006.7
ページ数 218p
大きさ 22cm
ISBN 4311300662
NCID BA77715323
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21075587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想