溥儀 : 清朝最後の皇帝

入江曜子 著

三度皇帝となり、後半生は「人民」として生きたラストエンペラー溥儀(一九〇六‐六七)。三歳で清朝最後の皇帝として即位、辛亥革命後の張勲の復辟による二度目の即位、満州国の「傀儡」皇帝、東京裁判での証言、戦犯管理所での「人間改造」、自伝『我が前半生』の執筆、文革中のガンとの闘いなど波瀾に満ちた数奇な生涯をいきいきと描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代化の波のなかで
  • 第2章 紫禁城の虜囚
  • 第3章 天津日本租界で
  • 第4章 日本への失望と期待
  • 第5章 傀儡皇帝としての日々
  • 第6章 シベリア捕虜収容所時代
  • 第7章 人間改造という実験
  • 第8章 北京での後半生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 溥儀 : 清朝最後の皇帝
著作者等 入江 曜子
書名ヨミ フギ : シンチョウ サイゴ ノ コウテイ
書名別名 Fugi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.7
ページ数 251, 3p
大きさ 18cm
ISBN 400431027X
NCID BA77686804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21091021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想