ドイツの教育のすべて

マックス・プランク教育研究所研究者グループ 著 ; 天野正治, 木戸裕, 長島啓記 監訳

東西の分裂から歴史的統一を経て、いまヨーロッパ統合を見すえて展開されるドイツ教育の貴重な総合的概説書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1945年以降における教育の拡大と近代化-教育政策動向の現代史への埋め込みについて
  • 教育制度の制度的枠組み
  • 国際的次元-ヨーロッパと世界
  • 東ドイツと西ドイツにおける普通教育学校制度の基本的な発展
  • 幼稚園、就学準備学校、基礎学校-就学前と初等段階の学校領域
  • 特別の教育的促進を必要とする子どもたち
  • 学校と外国人子女
  • 中等領域1.基礎学校から中等学校とオリエンテーション段階への移行
  • 基幹学校-学校制度における悩みの種
  • 実科学校-無風のなかの発展
  • ギムナジウム-変化のなかの継続性
  • 総合制学校
  • 職業教育
  • 高等教育制度
  • 教員養成
  • 継続教育
  • 旧東ドイツ地域各州における統一の結果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツの教育のすべて
著作者等 Max-Planck-Institut für Bildungsforschung. Arbeitsgruppe
マックスプランク教育研究所研究者グループ
天野 正治
木戸 裕
長島 啓記
書名ヨミ ドイツ ノ キョウイク ノ スベテ
書名別名 Das Bildungswesen in der Bundesrepublik Deutschland. (第4版)

Doitsu no kyoiku no subete
出版元 東信堂
刊行年月 2006.6
ページ数 505p
大きさ 27cm
ISBN 4887136870
NCID BA77686462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21078026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想