生体電気信号とはなにか : 神経とシナプスの科学

杉晴夫 著

生体はどのように情報を処理しているのか?18世紀末、イタリアの物理学者ガルバニによって世界で初めて生体電気が発見された。しかし、その精妙極まる生体電気の謎が解明されるまでには、150年以上の歳月を必要とした。本書は、生理学の第一人者として知られる著者が偉大な科学者たちの足跡をたどりながら、私たちの体を飛び交う生体電気の原理を解説した力作である。脳科学、神経生理学の研究者のみならず、生命科学に関心がある学生や社会人、必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 電磁気現象と生体電気現象の同時発見
  • 第2章 生体電気信号研究の黎明期
  • 第3章 陰極線オシロスコープによる研究の進展-日本人研究者の偉大な貢献
  • 第4章 細胞膜を「流れないのに流れる」容量性電流の不思議
  • 第5章 活動電位の謎に迫る細胞内微小電極法
  • 第6章 マクスウェルの悪魔としてのイオンチャンネル-活動電位のイオン機構の解明
  • 第7章 活動電位の交通整理を行う「シナプス」
  • 第8章 シナプスにおける電気現象の解明
  • 第9章 シナプス研究の進展
  • 第10章 生体電気信号系の研究の現状と問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体電気信号とはなにか : 神経とシナプスの科学
著作者等 杉 晴夫
書名ヨミ セイタイ デンキ シンゴウ トワ ナニカ : シンケイ ト シナプス ノ カガク
シリーズ名 ブルーバックス B-1523
出版元 講談社
刊行年月 2006.7
ページ数 286p
大きさ 18cm
ISBN 406257523X
NCID BA77682574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21075816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想