ADHD医学モデルへの挑戦 : しなやかな子どもの成長のために

ルース・シュミット・ネーブン, ヴィッキ・アンダーソン, ティム・ゴッドバー 著 ; 田中康雄 監修 ; 森田由美 訳

ADHDは本当に障害なのか!?「ADHDは医学的症状」との考え方に疑問を投げ、子どもを不安定にする身体的・情緒的・社会的・制度的要因を理解することの重要性を説く。臨床に関わる人、親と子ども、そして全ての人へ…「障害としてのADHD」を再考するための新しい視点を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「現代の病」ADHDをとらえなおす
  • 第2章 ADHDの神経心理学と診断上のジレンマ
  • 第3章 医学モデルに対する批判
  • 第4章 子どもの発達過程におけるリスク因子-精神力動的アプローチ
  • 第5章 注意力と発達過程
  • 第6章 自己抑制という概念-神経心理学的アプローチと精神力動的アプローチをつなぐ
  • 第7章 公衆衛生から見たADHD
  • 第8章 結論-子ども・親・家族を支援する新たなパラダイムに向けて
  • 第9章 ADHDへの学際的アプローチに向けた提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ADHD医学モデルへの挑戦 : しなやかな子どもの成長のために
著作者等 Anderson, Vicki
Godber, Tim
Neven, Ruth Schmidt
森田 由美
田中 康雄
アンダーソン ヴィッキ
ゴッドバー ティム
ネーブン ルース・シュミット
書名ヨミ ADHD イガク モデル エノ チョウセン : シナヤカナ コドモ ノ セイチョウ ノ タメニ
書名別名 Rethinking ADHD
出版元 明石書店
刊行年月 2006.6
ページ数 210p
大きさ 21cm
ISBN 4750323527
NCID BA7766292X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21096992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想