永原慶二の歴史学

永原慶二追悼文集刊行会 編

戦後の歴史研究をリードした永原慶二。その教え子や同僚が、封建制・荘園制・戦国史などの研究と、人柄や知られざるエピソードを語る。年譜・著作目録も収録し、平和と人権の確立を求めた「永原史学」の足跡を振り返る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 研究と思い出(私の中世史研究
  • 懐かしい先輩・同僚・教え子たち-私のアルバムから
  • 私の八・一五前後)
  • 2 永原慶二氏の歴史学(永原慶二氏の歴史学-「アカデミズム」と「マルクス歴史学」
  • 永原慶二氏の荘園制論の成果と課題
  • 永原慶二氏の大名領国制論)
  • 3 永原慶二先生の思い出(お別れ式から
  • 一橋大学の友人・教え子たちの思い出
  • 日本史研究から
  • さまざまな活動と交流)
  • 4 年譜・著作目録
  • 5 ご家族より(いま、思うこと
  • 父の思い出)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永原慶二の歴史学
著作者等 永原 慶二
永原慶二追悼文集刊行会
書名ヨミ ナガハラ ケイジ ノ レキシガク
書名別名 Nagahara keiji no rekishigaku
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.7
ページ数 389p
大きさ 22cm
ISBN 4642079599
NCID BA77660254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21070206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想