乳がんは女たちをつなぐ : 京都から世界へ

大津典子 著

「まさか私にかぎって…」。五十四歳にして乳がんを宣告された一人の主婦は、不安のなかで足を踏み入れた京都の小さな乳腺クリニックで、乳がんの仲間たちと出会う。さらに夫とともに訪れた、英国、ロシア、ハンガリーの古都で、それぞれの国の乳がんの女たちと出会い、その生き方に触れる。立場も年齢も国籍も異なる女たちが、死と背中あわせの泥沼の中でもがきながら、乳がんという女だけの病気を通じてお互いに心を開き、固い絆を結び、やがて乳がんによって、そして仲間たちによって生かされている自分に気づく…。「うち、乳がんでよかった-」。乳がんを生き、乳がんを歩いてきた十二年間をつづる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 京都の女たち(小さな乳腺クリニックにて
  • 放射線治療
  • 乳がん患者の絆
  • がんとばかりつき合わないで)
  • 第2章 逃げ出したい(乳がん先進国、イギリスへ
  • 乳がんを生きる)
  • 第3章 オックスフォードの女たち(イギリスの医療制度
  • オックスフォードの乳がんの友 ほか)
  • 第4章 サンクト・ペテルブルグの女たち(サンクト・ペテルブルグのがん病院
  • がん患者を支えて
  • 患者の命の拠り所
  • 六年しかたたないのに)
  • 第5章 ブダペストの女たち(医者を変えた女たち
  • ブダペストにあって、京都にないもの
  • リンパ浮腫の救世主
  • リンパ治療)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳がんは女たちをつなぐ : 京都から世界へ
著作者等 大津 典子
書名ヨミ ニュウガン ワ オンナタチ オ ツナグ : キョウト カラ セカイ エ
書名別名 Nyugan wa onnatachi o tsunagu
出版元 藤原書店
刊行年月 2006.6
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 489434520X
NCID BA77653667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21064227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想