ブッダは、なぜ子を捨てたか

山折哲雄 著

北インド・シャカ族出身の王子でありながら、自らの子に"ラーフラ(=悪魔)"と名づけ、さらに妻子を捨て、一族を捨てて家を出た若き日のブッダ!この仏教最大ともいえる謎に、宗教学の第一人者が挑む。そこから浮かび上がってきたのは、日本の仏教とはあまりに隔絶したブッダその人の思想であった。少子高齢化の時代を生きる二十一世紀の日本人にブッダは何を語りかけてくるのか。いまの日本にブッダを呼び戻し、その教えの真髄に迫る画期的な試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブッダは、なぜ家を出たのか(「家出」にはじまる
  • 理想の人生 ほか)
  • 第2章 ブッダは、なぜ子を捨てたか(シャカも、捨て子同然であった
  • 親を失った子どもに未来はあるか ほか)
  • 第3章 ブッダの思想の真髄とは、どのようなものであったか(わが骨にかかずらうな
  • アーナンダの裏切り ほか)
  • 第4章 ブッダの教えは、日本へどのように広まったか(アジアの周辺の国々へ
  • 旅をする僧たち ほか)
  • 第5章 ブッダは今、どこにいるのか(ブッダの姿をさがして
  • 今なら死ねるか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブッダは、なぜ子を捨てたか
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ ブッダ ワ ナゼ コ オ ステタカ
書名別名 Budda wa naze ko o sutetaka
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2006.7
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4087203514
NCID BA77644054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21084617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想