戦争のほんとうの恐さを知る財界人の直言

品川正治 著

マスコミなども大きな誤解をしている。アメリカと日本との価値観がまったく違っているということに気付いていない。資本主義国だから「共通の価値観」を持っていると思い込んでいる。しかし、果たしてそうなのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦争、人間、そして憲法九条(戦争の恐さ
  • 戦争を止める人間と、したがる者 ほか)
  • 日本の国家目標と平和憲法(三つの座標軸から考えよう
  • 日本の国家目標は何であったか
  • 新しい国家目標と憲法
  • 変えようと思えば変えられる)
  • 二一世紀の経済社会と新しい進路(金融ビッグ・バンの背景
  • 「企業社会」と「市民社会」との乖離
  • 日本経済のあり方)
  • 平和憲法にふさわしい日本経済のシステムを(平和憲法を持つ国・日本の理念
  • "質"が問われる時代 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争のほんとうの恐さを知る財界人の直言
著作者等 品川 正治
書名ヨミ センソウ ノ ホントウ ノ コワサ オ シル ザイカイジン ノ チョクゲン
書名別名 Senso no honto no kowasa o shiru zaikaijin no chokugen
出版元 新日本出版社
刊行年月 2006.7
ページ数 190p
大きさ 20cm
ISBN 4406032622
NCID BA77632951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21070655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想