泉北丘陵に広がる須恵器窯

中村浩 著

古墳時代から平安時代にかけて、大阪南部の泉北丘陵では、わが国最大最古の須恵器窯群が連綿と営まれた。その窯の構造と流通、集落をふくめた生産の全貌を明らかにするとともに、古墳の年代比定に多大な貢献をする須恵器の型式編年の実際をわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古墳研究の現場にて(年代を計るものさし
  • さまざまな須恵器
  • 重要文化財に指定された陶邑出土品)
  • 第2章 陶邑遺跡群の発掘(泉北ニュータウンの造成
  • 生産遺跡への着目
  • 広大な遺跡の分布)
  • 第3章 陶邑遺跡群の構成(窯跡の分布
  • 窯の構造と変遷
  • 工房・集落・流通の遺跡
  • 古墳と墳墓)
  • 第4章 文献史料にみる陶邑(記紀にみる地名伝承
  • 郷名と氏族の分布)
  • 第5章 型式編年の方法と陶邑編年(編年の条件
  • 絶対年代との対応
  • 陶邑編年の各型式・段階の特徴
  • 自然科学との協調)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 泉北丘陵に広がる須恵器窯
著作者等 中村 浩
書名ヨミ センボク キュウリョウ ニ ヒロガル スエキヨウ : スエムラ イセキグン
書名別名 陶邑遺跡群

Senboku kyuryo ni hirogaru suekiyo
シリーズ名 シリーズ「遺跡を学ぶ」 28
出版元 新泉社
刊行年月 2006.8
ページ数 93p
大きさ 21cm
ISBN 4787706381
NCID BA77603115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21075303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想