現代政治・発想と回想

松下圭一 著

戦後日本の社会・政治理論、とりわけ市民政治理論の形成と展開に大きな成果を挙げた著者が、半世紀以上に及ぶ研究と運動の足跡を回想しつつ、現代政治の焦点を縦横に語る。市民政治思想史研究に始まり、大衆社会論、都市型社会、シビル・ミニマム、政策型思考、公共政策、自治体再構築、市民立憲等々に及ぶ広範かつ鋭い問題提起は、国・自治体の政策を問い続け、市民の政治参加と政治的成熟を促してきた。その理論と発言は、国際化と分権化の時代にますます重みを増してきている。詳細な「松下圭一著述目録」を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現代政治と私の考え方(市民政治理論の形成史
  • 現代理論としての大衆社会論 ほか)
  • 2 公共政策づくりにとりくむ(政策開発・政策研究の背景
  • 政策型思考の熟成が急務
  • 政策循環・制度決定
  • 政策型思考と科学型思考
  • 補論 公共とは何か)
  • 3 自治体再構築の起点(都市型社会の画期性とその特性
  • 自治体は政治責任をもつ政府 ほか)
  • 4 市民立憲からの憲法理論(戦後憲法学と憲法課題との分裂
  • 理論軸の設定と憲法動態
  • 歴史軸の展望と改憲問題
  • 「整憲」「修憲」「加憲」の発想
  • 基本法運用への新思考)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代政治・発想と回想
著作者等 松下 圭一
書名ヨミ ゲンダイ セイジ ハッソウ ト カイソウ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2006.7
ページ数 200, 31p
大きさ 22cm
ISBN 4588625160
NCID BA77591901
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21135534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想