神と自然の景観論 : 信仰環境を読む

野本寛一 著

日本人は何に神聖感を抱きいかなる景観の中に神を見たのか。噴火する山、揺らぐ大地、暴れる水は畏怖の対象であり、岬・先島は常世への通路、磐座は神霊の核であった。また洞窟・淵・滝・立神などの自然地形に秘められた神意、松・杉・椎・タブなどの巨樹に蔵された侵すべからざる威力。全国各地の聖地の条件を探り、それにまつわる民俗を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒言 信仰環境論の視角
  • 第1章 環境畏怖要因と信仰の生成
  • 第2章 地形と信仰の生成
  • 第3章 聖樹の風景と伝承
  • 第4章 環境保全の民俗と伝承
  • 第5章 神話の風景
  • 第6章 道祖神祭りの風景-甲斐の太陽

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神と自然の景観論 : 信仰環境を読む
著作者等 野本 寛一
書名ヨミ カミ ト シゼン ノ ケイカンロン : シンコウ カンキョウ オ ヨム
書名別名 神々の風景

Kami to shizen no keikanron
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.7
ページ数 289p
大きさ 15cm
ISBN 4061597698
NCID BA77588419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21061561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想