金属と日本人の歴史

桶谷繁雄 著

人間と金属が織りなす壮大なロマン。西洋に例のない独特の音色をもつ梵鐘はどのように生まれたか。完成まで二十八年を要した奈良の大仏はどうやって作られたか。鋭さと美をあわせもつ日本刀の秘密、また時代を変えた火縄銃、その兵器革命はいかに展開したか-。歴史を創った日本人と冶金技術の興味深い関係を、金属学の泰斗が平易な文章で綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 原始の生活
  • 草薙剣
  • 古代における鋳造と冶金
  • 鉄を作る
  • 歴史の中から
  • 鐘の作り方
  • 奈良の大仏
  • 刀の歴史
  • 日本刀を作る
  • 冶金の状況
  • 鉄砲とその製造の歴史
  • 鎖国の間に
  • 飛躍と停滞
  • 日本製鉄工業の夜明け

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金属と日本人の歴史
著作者等 桶谷 繁雄
書名ヨミ キンゾク ト ニホンジン ノ レキシ
書名別名 金属と人間の歴史
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.7
ページ数 228p
大きさ 15cm
ISBN 4061597728
NCID BA77587449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21061564
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想