情報伝送の理論と方式

情報理論とその応用学会 編

本書は、信号理論、伝送理論、変復調理論、光通信理論の基礎から、移動通信、衛星通信といった応用までを扱い、理論が応用にどう反映しているかを知ることができる。今後、情報伝達の分野は多方面に広がり、有線伝送ではケーブルや光ファイバー、無線伝送ではマルチパス伝送路などますます応用的になり、「いかに周波数を有効に利用するか、雑音をいかに克服するか」が課題となる。その課題に答えるべく、執筆者はわが国の第一線で活躍する研究者が当たり、「情報理論とその応用学会」の総力をあげまとめられた成書で、理論と応用の架け橋となることを目指している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 情報伝送理論序論
  • 2 信号理論・通信理論
  • 3 伝送理論
  • 4 変復調理論
  • 5 誤り制御理論
  • 6 同期
  • 7 光通信理論
  • 8 移動通信
  • 9 衛星通信
  • 10 スペクトル拡散通信とその応用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報伝送の理論と方式
著作者等 情報理論とその応用学会
書名ヨミ ジョウホウ デンソウ ノ リロン ト ホウシキ
シリーズ名 情報理論とその応用シリーズ 5
出版元 培風館
刊行年月 2006.6
ページ数 333p
大きさ 22cm
ISBN 4563014559
NCID BA77586774
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21066586
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想