思考のトポス : 現代哲学のアポリアから

中山元 著

哲学者たちは多くの難問、隘路に突き当たり、そのつど新しい思考の道具を開発し、道を切り拓いてきた。いま僕たちの前にも、多くの問題が立ちふさがっている。思考のツールと感度をみがいて、自分たちの難問に挑戦してみよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 危機の哲学
  • 第2章 哲学のアポリア
  • 第3章 病の診断
  • 第4章 方法論
  • 第5章 言語と公共性
  • 第6章 差異と同一性
  • 第7章 他なる知と身体
  • 第8章 時間と他者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思考のトポス : 現代哲学のアポリアから
著作者等 中山 元
書名ヨミ シコウ ノ トポス : ゲンダイ テツガク ノ アポリア カラ
書名別名 Shiko no toposu
出版元 新曜社
刊行年月 2006.6
ページ数 288p
大きさ 20cm
ISBN 4788510049
NCID BA77566595
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21064178
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想